【アドセンスに義務】プライバシーポリシー「ちゃんと」作る【雛形あり】

アドセンスに向け、プライバシーポリシー作成

Google AdSenseの審査や使用において、「プライバシーポリシー」を作っておくのは義務です!

「無くても受かったよー」なんて情報を聞くと、いらないのかな?と思ってしまいますが、キケン。

必須のコンテンツ↓ のように必須のコンテンツとなっていて、合格後に規約違反とならないためにも超重要なんです。

AdSenseヘルプ コンテンツ ポリシー 必須コンテンツ

必須コンテンツ

私はAdSense審査時にいろいろなサイトから調べて作り、合格しました。

プライバシーポリシーを簡単に作れる雛形を、記事中に用意しています。

✔️ 本記事の内容

  • プライバシーポリシーは「ルールを守れる」上に「信頼性UP」
  • Google アナリティクスも、Amazonも、著作権も重要
  • 「プライバシーポリシー」雛形

しかし、プライバシーポリシーをただコピペするだけでは、サイト運営上あまり良くないと思います。

内容を理解した上で作成しておくと、個人情報の取り扱いへの意識が違ってくるのです。そのため、ちょっと説明をさせてもらっています。

プライバシーポリシーは「ルールを守れて」「信頼性UP」

プライバシーポリシーで信頼アップ

プライバシーポリシー作成の前に、重要な点を確認してもらいたい!

まず、「プライバシーポリシー」というのは、「個人情報の取り扱いの約束」のこと。

公益社団法人 日本広報協会

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。

Google アナリティクスなんかのアクセス解析ツールを使うだけで、個人情報取得されます。どの地域からアクセスしているか、どんな端末を使っているか分かりますもんね。

あと、お問い合わせフォームからでも個人情報は手に入る。

そして利用者のアクセス情報に合わせて広告を出せるAdSenseに、プライバシーポリシーは必須。

また、プライバシーポリシーがれば、サイトを見に来てくれた人に「しっかりしたサイト」という印象を与えられます。

Adsense合格後も、たくさんの人に安心して見てもらえた方がサイトの価値が上がっていくんです。

大きく2つ。AdSenseに必須な情報

まず前提として、Google AdSenseはCookie(スマホやPCなどに保存されるユーザーの情報)を使っています ↓

(「Googleは、〜Cookieを使用しています」と赤で囲った部分にあります)

AdSenseヘルプ コンテンツ ポリシー 必須コンテンツ

Cookieを使用

Cookieはユーザーのプライバシーに関する情報。例えばネットショッピングなどで、購入履歴やショッピングカートに残っている商品情報などに使われています。

そして、AdSenseプライバシーポリシーに記載する必要があるのは大きく2点。

  • (Googleまたは広告配信事業者)がCookie(クッキー)を使用して個人情報をもとに、広告を配信
  • サイトのユーザーは、広告を無効にできる

①「Cookieを使って広告を配信」と、②「サイトのユーザーは広告を無効にできるよ」という内容を明記する必要がある

( ↓ 字が小さいですが要するに上で書いた①・②の内容を詳しく説明しています。ポイントを赤で囲っています)

サイトのプライバシーポリシーについて

しかし、「サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なる」ため、「Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません」 ↓ とのこと。

具体的な文面は無い

そのため自分で作成する必要がありますが、記事中に雛形を用意してあります。

なお、②の一番最後の項目に、リンクを貼ることについて2点あります。

  • 「第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載アクセスすればCookieを無効にできることを明示します」
  • 「または、www.aboutads.infoにアクセスすれば、Cookieを無効にできることを知らせます

 ↓

プライバシーポリシーに明示すべきこと

どちらかを示しなさいということ。

プライバシーポリシーにはGoogleアカウントの広告設定ページwww.aboutads.infoを掲載しています。

詳しくは、雛形を確認してみてください。

Google アナリティクスも、Amazonも、著作権も重要

スミマセン。プライバシーポリシー作成の前に、もうちょっとだけ。

  • Google アナリティクス
  • Amazon
  • 著作権
  • 免責事項

について。どれもサイト運営上重要なので、ぜひ目を通してもらいたいです。

アクセス解析に、Google アナリティクス使いますよね?

アクセスの解析

Google AdSenseに申請するなら、一般的な使い方としてアクセス解析してサイトのPVを伸ばしていこうとします。

プライバシーポリシーは必須Google アナリティクス利用規約においても、「プライバシーポリシーの公開」は必須なんです ↓

(赤で囲っています。「お客様はプライバシーポリシーを公開し、〜」とあります)

アナリティクスに関するプライバシーポリシー

これも、プライバシーポリシーに記載する必要があるのは大きく2点。

  • データ収集のためにCookieを使用していること
  • Google アナリティクスを使用し、データが収集・処理される仕組みについて

①「データ収集のためにCookieを使用」と、②「Google アナリティクス使ってて、仕組みはこうだよ」という内容を明記する必要がある

↓ (赤で囲った2点)。

アナリティクス使用について

Google アナリティクスについても、以下の雛形に加えてあります。

なお、この規約「7.プライバシー」には、上の①・②を示す方法について2点書いています。

この情報の開示は、

  • www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/や
  • Googleが随時提供するその他のURL

へのリンクを目立つように表示することで実施可能です。

 ↓

アナリティクス7

1つ2つリンクを示せばOKということ。2つ載せておきました。

雛形を見てみてください。

Amazonアフィリエイトリンクも使いません?

Amazonアフィリエイトリンクについて

Google AdSenseに申請するなら、Amazonアフィリエイトリンクも使う人が多いです。

(私は、AdSense審査時はAmazonリンクを貼っていませんでしたが、プライバシーポリシーにはAmazonアソシエイト・プログラムについて書いていました)

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約においても、「アソシエイト・プログラムの参加者であることの表示」は必須 ↓

(赤で囲った部分。「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者ですって書いてね」とあります)

Amazonアソシエイト・プログラムについて

Amazonアソシエイト・プログラムについても、以下の雛形にあります。

著作権は?

自分のサイトがパクられたらイヤだけど、引用してくれたらサイトへのリンクを貼ってほしいですよね?

そんな著作権に関する約束も、プライバシーポリシーの雛形に用意しています。

免責事項は?

自分のサイトで過度に責任を取らされることなく、責任を適切に抑えたい&他のサイトの著作権も守りつつ、責められることなく過ごしたいですよね?

そんな約束も、雛形に明記しました。

設置場所は?

プライバシーポリシーの設置場所はどこでもOKですが、トップページの一番下いわゆる「フッター」に置くのが一般的です。

「プライバシーポリシー」雛形

雛形を扱う際の注意点。

1.「サイト名(https://サイトアドレス/)」はご自身のサイトに合わせて修正が必要です。

2.重複コンテンツとみなされないために、表記の変更や設定変更をおすすめします。

  • 訪問者様」は、「ユーザー」「利用者」などサイトに合わせて変えてください
  • 見出しや細かな言い回しについて、読みやすいようお好みで変更してみてください
  • プライバシーポリシーのページは「インデックスさせないnoindex)」設定にした方が良いです

3.「お問い合わせフォームについても触れています。サイトへの設置が必要です。

雛形をコピーし、サイトに合わせて加工しつつ使ってみてください。

以下、「プライバシーポリシー」雛形

サイト名(https://サイトアドレス/)」をご覧頂き誠にありがとうございます。
訪問者様とのより良い関係を築くために、当サイトのプライバシーポリシーを記載します。

1.個人情報保護方針

本文書は、当サイトにおける個人情報の保護および、その適切な取り扱いについての方針を示したものです。

個人情報を取り扱うにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」をはじめとする個人情報の保護に関する法令、ガイドラインおよび本プライバシーポリシーを遵守いたします。

2.情報の取得・開示について

訪問者様は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せなど、場合によって訪問者様の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人の許可がある場合
  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

3.使用しているアクセス解析ツール

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

なお、この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくはGOOGLE のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の GOOGLE による使用または、Googleアナリティクス利用規約をご参照ください。

4.広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を設置しております。広告配信プロセスにおいてデータを収集するためにCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信することが可能になります。

Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上で訪問者様に表示できます。

訪問者様は、Googleアカウントの広告設定ページでパーソナライズド広告を無効にできます。または、www.aboutads.infoにアクセスして頂き、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできます。

その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

5.Amazonアソシエイト・プログラム

当サイト「サイト名(https://サイトアドレス/)」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

6.著作権について

当サイト「サイト名(https://サイトアドレス/)」に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。

著作権法により認められている引用の範囲である場合を除き「内容、テキスト、画像等」の無断転載・使用を固く禁じます。

当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。

7.免責事項

当サイトに掲載されている情報の正確さについて可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。当サイトの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

また、当サイトで引用している文章や画像について、著作権は引用元にあります。万が一、不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、恐れ入りますがお問い合わせフォームからご連絡くださるよう宜しくお願い致します。

おわりに:プライバシーポリシーは、理解しつつ作成

お疲れ様でした。

AdSense・アナリティクス・Amazonアソシエイトなど使う際には、上記で触れた利用規約の部分には目を通しておくことをおすすめします。

自分のサイトに貼るものなので、できる範囲で理解しておきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^では!

アドセンス審査に落ちて、合格までにしたこと【40記事を削除】

アドセンス合格!コツ14選【仕様変更。サイト追加に審査が必要2018年10月〜】