【胃カメラ体験談】恥ずかしい失敗&不安でもなんとかなった【わりと楽勝】

胃カメラの体験談

初人間ドック&鼻から胃カメラでした。

ちょっと不安でしたが、わりと楽勝。お医者さん看護士さんの指示に従って、身を任せればOK。

ただし、ちょっと失敗したことがありました^^。

胃カメラ検査にて井の中を見やすくする液体を飲む手順があるんですが、「体の回転」に要注意

液体を胃にまんべんなく行き渡らせるために、「体を回転させてください」と言われます。

側転回転で胃カメラ失敗体験側転のような回転をすると間違いです。恥ずかしい・・、気をつけてください・・。

 

胃カメラ前には頭を軸に回転頭を軸に回転させるのが正解、胃にまんべんなく薬を回すため。

その後、少し不安を抱えながらも無事クリア。基本的に「力を抜いて、流れに身を任せれば」OK(ただ、私は少し鼻血を出しました)。

胃カメラ体験記です。

初体験人間ドック、最初は尿検査・血圧測定。これは余裕

尿検査は余裕

平日の午後に行けたので、早めに受付へ。院内はだいぶ空いていて、早めの受診ができました。

受付にて、「奥のトイレで尿をコップにとってから、血圧を図ってください」と言われます。

ここは簡単ですね。

やることは簡単なんですが、尿が出るかどうかっていう^^。私の場合、なるべく無心になります。「おしっこ出るかな・・」と考えてしまうと逆に出なくなるので・・。

そして血圧測定。これは楽勝。スイッチ押すだけ。

そして、初胃カメラ。簡単だけど、体の回転に注意!

胃カメラ前の準備は、体の回転に注意

そして病室へ案内されます。

マスクをつけていましたが、美人看護士さんに優しく説明をしてもらいました。不安がほぐれます。

それはさておき、胃カメラ(鼻から挿入するタイプ)の準備です。

「体の回転」に注意!!

まず、井の中を見やすくするための液体を飲みます。おちょこ2つ分くらいの量(例えが日本酒ってのもニュアンスが変わってくる気もするけど・・)。

ぬるくて特に味もなかったですが、あまり味覚で感じ取らないように息を止めて飲み込みました。

「ベッドに横になってください」言われるがまま、横になります。「胃に液体が回るように、体を一回転してください」と言われます。

しかし、一回転させようとして止められました。「そっちじゃないですよ・・。こういう感じ」

私は側転みたいな一回転をイメージして、ベッドに背中をつけたまま回転しようとしていました。

胃カメラ前の体の回転は、側転ではない

正解は、頭を軸に、肩を下にしてからうつ伏せになり、また仰向けになる一回転。

スケートのスピンみたいな感じ。

胃カメラ前は、頭を軸に回転

井の中の液体を胃全体に広げるために回転させるのが目的なんだから、そりゃそうだ。。

恥ずかしい。。側転みたいな感じだと、胃の背中の方に液体が溜まるだけ・・・。

無事に一回転すると、今度は麻酔。鼻の中に液体を塗るだけです。

苦いので、苦手な人はいると思います。口に回ってきたらちょっと吐き出してもOK。

レントゲン写真。楽勝!

続いてレントゲン室へ。たぶん麻酔が効いてくるまでに時間を稼ぐため、一つ手順を入れているんです。合理的。

下着一枚になる必要があるので、簡単に脱げるシャツを着ていきましょう。

普通に胸を機械につけて、腰に手を当てて、撮影。一瞬で終わります。

いよいよ検査室へ!気を楽に、力を抜いてされるがままが吉・・

いよいよ胃カメラの検査室へ

「お願いします・・」ちょっと不安です。

「左を下にして寝てください」と言われます。持参したタオルをマクラに乗せられ、言われるがまま、ベッドに横になる。

部屋が暗くなる。怖いので目をつぶる。。受診者が怖がるのを分かっていて、段取りよくやってくれています。

(おお!右の鼻からなんか入ってくる!)鼻うどん的な感じでした。

「力を抜いてリラックスしてくださいね」と言われるが、鼻から入って、のどのところまでくる。ちょっとキツい。

「はい、じゃあごっくんと飲み込んでください」「はい、ごっくん」胃カメラがのどを通ったようです。鼻とのどに何かあるなという感覚がある。

その後、井の中が膨れた感じに。胃カメラから液体を入れられている感じ。「ちょっとお腹ふくれますよ」「もう検査は、半分ですよ」

自然と涙が出てきます。鼻、のど、胃がちょっと違和感。涙が下に垂れる。そのためのタオルだったんですね。。

「終わりました。あと抜いていきますね」スルスルと抜けた感じ。部屋が明るくなる。

しかし、胃カメラを抜くときに鼻の奥でちょっと詰まった感じがして、胃カメラが抜けた後少しだけ鼻血出しました・・。

でもやっと終わった!

終わった後は、胃が少し気持ち悪く、鼻血のインパクトもあってぼーっとしましたが。しばらく時間を置くと落ち着きました。

検査後

身長体重測定・血液採取・検便の容器を渡され、検査終了。レントゲンと、胃カメラ検査の結果待ちのため待合室へ。

胃カメラはキツいと言えばキツいけど、任せて力を抜くしかない^^。

まとめ:胃カメラは手順を抑えて準備しておけば、楽勝

胃カメラは楽勝

胃カメラの画像を見せてもらいました。

良かったー。胃の中は綺麗なピンク。ピロリ菌もいなさそうとは言われましたが、一応後日ピロリ菌検査も受けます。

(※追記:ピロリ菌検査を便で行いました!ピロリ菌なし!)

胃カメラの前の「体の回転」は胃全体に液体をめぐらせるためのもの!回転の方向に注意です。あとは任せておけば大丈夫かなと思いました。

30後半になってくると体力の衰えを感じます。胃カメラによる鼻血を防げるかどうかは運にもよります。しかし、胃カメラのようなハードな検診に耐えうるよう日頃から体力をつけて置く必要を感じた!

週1回はジョギングしたり、筋トレしたりしていますが、もうちょっと意識して生活しようと思っています。では!

ホリエモンがきっかけ。「人間ドック・健康診断」違いと検査目的を知り、健康意識が少しUP