甥っ子・姪っ子とがんばって仲良くしてはいけない【興味がなければ、疲れて続かない】

甥っ子・姪っ子に興味がないとき

興味が持てないけどどうしよう「子ども・甥っ子・姪っ子と接して、楽しい時もあるといえばある。でも、ぶっちゃけそこまで深く興味があるわけではない。『かわいい』と思わないといけない?がんばって仲良くしないといけないのかな・・」

親戚の子どもとの接し方、悩みます。私はもともと人と話すのが苦手。大人と話すのも苦手で、子どもなんてもっと苦手です汗。

私自身、長男で生まれ育ったマジメ君でして、マジメな人ほど「仲良くしなくちゃ」と思いがち。努力しなくちゃいけないんじゃないかと思ってしまいます。

解決するには、自分が子どもの頃楽しかった遊び、好きだったことを一緒にやるだけでOKでした。好きな遊びは、大人になった今でも好きなことなんですね。

子どもや甥っ子・姪っ子にあまり興味がなかったとしても、その遊びには興味が持てているんです。

✔️ 記事の内容

  • 甥っ子・姪っ子「子ども」は予測不能
  • 自分を縛る「仲良くしなくちゃいけない」幻想
  • 今後の子どもと関わる人生でストレスを減らす

相手と自分の状況を知って、労力を減らすことが疲れないコツだと思います。

私は、中学生・高校生の頃の私は、教室の隅っこでぼんやりしているような少年。もともと話すのが苦手でしたが、社会人になってからは7、8年ほど小中高校生向けの学習塾で責任者をしていました。

のべ2,000〜3,000人の子どもとその保護者様と接し、成績の相談から家族の相談まで受けていたのでその見解で書いています。

1〜2分ほどで読める内容だと思います。
気分転換のつもりで読んでいただけたら幸いです。

甥っ子・姪っ子「子ども」は予測不能

甥っ子・姪っ子・子どもは予測不能

最近、離れた場所に住んでいる兄弟の子どもたちと接する機会がありました。

幼稚園〜小学校低学年くらいです。

私にとって、かわいくないとは思いませんが、兄弟に似ているので「まあまあ親近感湧くなあ」くらいの感覚。

「全く興味ない」というわけではありませんが、特にそこまで興味があるわけでは無いです汗。「学校で何が流行ってるの?」とか聞いたりしますが、本音を言えば特にそこまで深く興味があるわけでは無い(2回言ってしまいました笑)。

まあ、向こうは「お寝坊おじさんだ!」とかって笑顔で寄ってきてくれるんですけどね。そういうところはかわいい。でも、2〜3回顔を合わせると飽きる。

向こうは何でも面白い時期ですから、何回でも同じことで笑うんです。本音を言えば、ちょっと疲れてくる笑。

子どもに疲れる具体例

歯を磨いていると、洗面所のドアを開けて「ねえねえ何やってるの?」。

歯を磨いているので対応しづらい。

そして、いったんドアを閉めて、またドアを開けて「ねえねえ何やってるの?」。

クレヨンしんちゃんか!ってなりますねw

友人に話しを聞いても「たしかにかわいくないわけじゃないけど、、疲れる」という意見を聞きます。

甥っ子・姪っ子が苦手ってわりとあることみたいですね。

姪っ子が好きになれない|トクバイ みんなのカフェ

子どもが苦手

小さくて見にくくすみません。。このサイトの一部ですが、

「私には妹の小さい姪っ子がいますが、どうしても好きになれません。また興味もありません」

「子どもが苦手でした。遊び方がわからないんです。」

「最終的に人間関係なので、相性があって当然だと思います。」

っていう意見がありますね。

甥っ子姪っ子は身近にいると、相手をしなくちゃいけない状況になる

原因は、「距離感をつかめないのに、相手をしなくちゃいけない」って状況。

さらに、相手は「なんも考えてない」ってこと。クレヨンしんちゃんか!(大事なことなので、2回目のクレヨンしんちゃん発言です笑)。

そう、相手は「まだ子ども」なんです。自分の興味が一番大切な時期で、興味に従ってどんどん行動しちゃうんです。

自分を縛る「仲良くしなくちゃいけない」幻想

自分を縛る幻想

人間関係の不都合の原因は、2つあると思っています。

  • その①:自分の考えで自分を縛っている
  • その②:マジでどうにもならない

その①自分の考えで自分を縛っている

マジメな人ほど陥りがち。私もそんな性格です。

「○○しなくちゃいけない」と思いがちなんですね。特に人間関係は円滑にしなくちゃいけないとか。

仕事とかだったら気をつける必要があるかも知れないけど、相手は子ども。肩の力を抜きます。クレヨンしんちゃんのアニメを見ているくらいに(おお!図らずもクレヨンしんちゃん発言3回目!)。

気をラクにしていた方が、なんか大人っぽくなくて相手は勝手に喜んでくれるかも。

自然体でいる上に、相手が喜んでくれたら、こっちも楽しくなってくるかも知れません。イヤなときはイヤ。忙しいときは忙しい。そっと離れるのが吉。

その②マジでどうにもならない

予測不能な彼らの動きは、マジで分からない。

予測できない自分に原因があると考えないようにしたい。そもそも考えたり、対応をどうしようか意識するだけムダ。あきらめるしかない笑

時には受け流す。仮に「おじちゃん、髪薄い!」って言われたとしても、「んーちょっと何言ってるか分からない」って答えればOKです笑(うちではそんなことは言われていませんのであしからず、あくまで例えです)。

何回も「んーちょっと何言ってるか分からない」の返事を繰り返しても、子どもはケタケタ笑うか飽きて離れるかのどっちかw

「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさんも良い言葉を残していらっしゃいます。

「家族だからといって自動的に愛情が発生するわけではないと思う」

っていうのは、やはりそう思います。

子どもと関わる生活でストレスを減らす。興味がない相手ではなく、解決策に意識を向ける

特に何も考えていない子どもには、こちらも特に何も考えなくて良いと思います。

さらにもう一歩。子どもが苦手でも、子ども・甥っ子・姪っ子といる時間を楽しくする方法。

冒頭でも少し触れましたが、2点

  • その①:自分が子どもの頃楽しかった遊び、好きだったことを一緒にやる
  • その②:周りの大人にバトンタッチをお願い

その①:自分が子どもの頃楽しかった遊び、興味のあった好きだったことをやる

自分が興味を持てるものをやる

これだったら、今でも好きな人は多いはず。私の場合は、テレビゲーム。「テトリス」や、「スーパーマリオ」などのファミコン世代。

今なら、スマホやタブレットでできます。ダウンロードするだけで、無料。で、やっぱり子どもはゲーム好き。共通の趣味の仲間になれます。

子どもや甥っ子・姪っ子に興味がなくても、その遊びには興味が持てる。自分の土俵に持ってきちゃうんですね。

さらに、自分が好きだったことなので間違いなく上手い。尊敬の目で見られます。

あやとり、縄飛び、ジグソーパズルなんでも良いと思います。自分がその遊びに飽きたら、そこからそっと抜ければOK彼らにとっては新鮮なので、遊び続けます。

こっちも甥っ子・姪っ子と絡んだという面目が立ちますね。

その②:周りの大人にバトンタッチをお願い

あとは周りの大人に頼っちゃうこと。

「甥っ子姪っ子に興味持てないけど、どうしたら良いんだろう」って考えてしまう人は、責任感が強めで、周りに頼ることが苦手。

子ども好きな大人であればなおさらですが、頼られて嬉しい人もいます(人によるので見極めがいりますが)。

自分が得意な別のことでお礼をするのも良いかも知れません。子どもがいる状況をうまく利用して、大人同士の関係も円滑にする。

子どもを大人の関係を良好にするための材料に使ってしまうのも手です。

子ども・甥っ子・姪っ子が面倒であれば、気にせず、離れる。たまには一緒に趣味を楽しんで、利用できるときは利用する

以上になります。

子どもは自分の興味で生きています。こっちも気楽に相手したり、しなかったりしていきたいですね笑

じいじ、ばあばの「孫疲れ」対策。会話とゲームでちょっとラク