初心者・Macで画像に「矢印」を入れる方法【インストール不要】

Macの画像に矢印を入れる

macの初心者Macとブログの初心者の私

「記事の画像に『 → 』入れたいな、どうやるんだろう・・」という状態でした。

アプリなどのインストール無しで、カンタンにクリア(もともとMacに入っているプレビューアプリを使います)!そのやり方を記事にしています。

注意点!

加工して保存するとオリジナルの画像が加工された状態で編集されてしまいます。

画像をコピーして、原本とは別に画像のコピーを作成し、編集するのがオススメ。

Mac画像「矢印」加工の手順

アプリもツールも不要。画像を開くだけです。画像の開き方を含めて手順を書いていきます。

  • その①:画像を開く
  • その②:矢印を挿入
  • その③:矢印を自在に編集

という流れで紹介していきます。

その①:画像を開く

うちの愛すべきペット(飼い主ののろけでスイマセン笑)で紹介します。

画像を大きくする

まず、画像をダブルクリック。カチカチっと。

Macの画像を編集

次に、緑色の○ボタンで画面を大きくしましょう。

画面を大きくする

画面いっぱいに、画像のアップで埋め尽くされた!どうすれば?!

カーソルを上に持っていく

カーソルを一番上まで持っていけば、自動的に表示(いろんな指示内容)が現れますよ!(最初に私が焦ったポイントです笑)

プレビューです

これが、macにもともと入っているプレビューアプリ。左上のリンゴマークの横に「プレビュー」って書いてあります。

プレビューの表示

その②:矢印を挿入

今度は、「赤い四角で囲んだ、上向きのペンみたいなマークをクリック」

上向きのペンみたいなマーク

そして、左側にある□と○のマークをクリック。矢印が出るのでクリック。

矢印をクリック

矢印出ました!

矢印が出ました

その③:矢印を自在に編集

矢印の大きさも変更できます。

ボーダーのマークをクリック。チェックの入っている線が表示される太さです。変更して、丁度いい太さを探してみてください。

太さを調整

ボーダーのマークをクリックすれば選べます。

ボーダーのマークをクリック

破線の矢印

太さのすぐ下のマークは、「破線」。矢印を破線にもできます。

破線の矢印

ボロボロ矢印

穴あきチーズみたいな矢印にもできる(正式名は、知りません・・)。

穴あきチーズみたいな矢印

両側矢印

両側に矢印。「こっちとこっちを比べて!」みたいな強調とか、「これくらい離して」という尺度で使えそう。

両側が矢印

影を付けられる

矢印に影をつけるパターンもあります。矢印が浮いている感じ。

矢印に影をつけるパターン

方向転換・長さ調節

矢印の反対側を中心に、青い○で方向転換長さも調整できます。

ラブラドールの2匹目がいます

「右上の矢印が、『触りごごちの良い』ポイント。シルクみたいにスルスル。左下の矢印に、なんと『もう1匹ラブラドールレトリーバー』がいます」

みたいな感じで、矢印を活用!

矢印を曲げる

矢印をクリックして真ん中の緑の○をクリックしながらドラッグ。矢印がグニャグニャ曲がります。

曲がる矢印

緑の○の場所を矢印上で移動させることで、矢印を曲げる「角度」の調節ができます。お試しあれ。

矢印のコピーとペースト(貼り付け)もカンタン

矢印を移動させて「手袋マーク」を出し、1回左クリックをすることで矢印をコピーする準備ができます。

矢印はマウスの右クリックを使ってコピー&ペーストすることができません。

そこで、ショートカットの方法を紹介。使いこなせると、効率的に作業ができます。

まずは、矢印のコピー。

矢印にマウスを乗せ「手袋マーク」を出す。

1回左クリック。「手袋マーク」がつかむ動きをします。その後、

command (または cmd) ⌘」キーを押しながら「C」キーを押した後、

「C」キーを離せばOK。

あとは「command (または cmd) ⌘」キーを離しましょう。

これでコピーOK

コピーした矢印を貼り付け。

command (または cmd) ⌘」キーを押しながら「」キーを押した後、

「V」キーを離せばOK。

最後に「command (または cmd) ⌘」キーを離しましょう。

これで、全く同じ矢印が出てきます。

番外編:Macの画像で矢印を出す、別のやり方

矢印を出す別のやり方があります。

ツール注釈矢印」で矢印を出せます。

ツールから注釈で矢印を出す

この「矢印」をクリックで、画面に矢印が出てきます。

矢印ショートカット!

もう一個応用編。

右側の「⌃⌘A」マーク気になりますね・・。これはショートカットです。

「⌃⌘A」は「controlcommandA」を画像上で、同時押し。これで矢印が出ます。

矢印を出すショートカット

「⌃」ってcontrolなの!?って感じで難しいですよね・・。「A」は、英語の「arrow 矢」の頭文字。

ショートカットの記号については、

「メニューに表示される記号」で検索

してみてください。Apple Supportより、主なものを引用。以下6つを押さえておけば、かなり多くのショートカットで使えます。

macOS Sierra: メニューに表示される記号

修飾キー シンボル
Esc(Escape)キー Escape キーのシンボル
Control キー Control キーのシンボル
Shift キー Shift キーのシンボル
Option キー Option キーのシンボル
Command キー Command キーのシンボル
Delete キー Delete キーのシンボル

それぞれ、キーボードのココ。

ショートカットでよく使うボタン

deleteは、右側。

deleteのボタン

本記事は以上となります。

矢印は慣れると楽しいです。いろいろ試して使い慣れていきたいですね!

他にmacでのモザイク・塗りつぶしについて「【初心者・mac】画像にモザイク。無料で編集オススメ方法」で解説しましたので、ご覧いただけたらと思います。

【初心者・Mac】画像にモザイク。無料で編集オススメ方法

【指と腕がラク】Macbookトラックパッド「タップ」設定&マウス代わり